ヘッダー

2012年 8月

こんにちは!

骨盤太郎の店長仙仁です。

今週もスタートしましたが、8月も残すところあとわずか!!

残暑は厳しいですが、健康に気を付けて元気に過ごしましょう!!

さて、今日はラテンダンスの動きによる腰痛や坐骨神経痛についてです。

競技ダンスの選手をこの1年は多く診る機会がありましたが、

腰痛や坐骨神経痛の悩みを持っているのは圧倒的に

スタンダードではなくラテンの選手でした。

そこで、なぜ、ラテンダンスに腰痛や坐骨神経痛が多いのかという話を今日は簡単にさせて頂きます。

まず、腰痛や坐骨神経痛はほとんどの場合、ほぼ決定的な原因があります。

その原因は【腰椎の過伸展】【大腰筋の過緊張】【梨状筋の過緊張】【骨盤のアンバランス】の4つです。

これらの原因はスポーツ選手の場合、競技の特性によって4つのうちどれかが原因になり

腰痛や坐骨神経痛になります。

ですが、ラテンダンスでは、動きの特性から一つの原因と特定できないのです。

簡単に説明しますと、全身運動のダンス競技の中でもラテンダンスでは、縦、横、前後の動きが

ほぼ同じだけあり、身体に1方向じゃなく、複数の方向に動かすストレスが加わるからと考えられるのです。

よって、競技ダンスでもスタンダードよりもラテンダンスの方が腰痛や坐骨神経痛が多いと推測されます。

そんなラテンダンスですが根本的に腰痛や坐骨神経痛を解決する近道があります。

それは、姿勢と体の使い方です。

姿勢を正して体にかかるストレスを減らし、身体の使い方の意識を少し変えることで

十分に腰痛や坐骨神経痛を予防する事が出来ます。

整体でストレスがかかりダメージを負っている筋肉や関節を調整し、

身体のストレスを解放してあげる事も重要です。

踊りこめば上手くなれると信じて、踊り続けているダンサーの方も多いと思いますが、

身体に鞭打つことだけじゃ疲労するだけ、身体を消耗品と同じに扱っているだけになってしまいます。

身体のケアでもう一歩、あなたの理想のダンスに近づいてみませんか???

こんにちは!

骨盤太郎の店長仙仁です。

今日も残暑が厳しく、まだまだ過ごしにくいですが、

最近は夜には秋の虫が鳴くようになり、少しずつ季節の移ろいを感じます。

さて、今日は女性の皆さんが特に気にしていることですが、

【ぽっこりお腹】と姿勢の関係について簡単にお話しさせて頂きます。

女性によくある【ぽっこりお腹】ですが、

この原因が姿勢にあるってご存知でしたか??

姿勢が悪くなってしまう原因の一つは骨盤の前方への傾きがあります。

骨盤が前方に傾くと骨盤の上にのっかっている内臓などを

”斜め前”、そして”下”へと引っ張る圧力が加わるようになります。

そうしますと、内臓などお腹の中身はやわらかいものですから、

圧力に負けて下に下にと引っ張られて、

【ぽっこりお腹】が完成してしまうのです。

ぽっこりお腹になってしまいますと、血流が悪くなりますので、

冷え症や消化不良などの原因にもなります。

【ぽっこりお腹】はただ見た目にぽっこりしている以外にも様々な症状の原因にもなりますので、

女性の皆さんは特に【姿勢】に気を付けてぽっこりお腹を予防しましょう!!!

こんにちは!

骨盤太郎の店長仙仁です。

昨日、おとといと骨盤太郎は夏季休暇をいただきまして、

心身ともにリフレッシュさせて頂きました!!

本日から通常営業再開です!!

さて、今日は【骨盤矯正】や【姿勢】を治したいとお考えの皆さんに

少しお説教めいたお話をさせていただきます。

まず、骨盤矯正をしたいと思っている方、または既に骨盤矯正を何度か受けている方、

そんな皆さんは大概「骨盤がずれているから治したい」とか「脚の長さが違うから治したい」なんて話をされますね。

けれども、そもそも何で骨盤がずれるのでしょう??

そうです、皆さんの普段の私生活にあるわけです。

なので、何度骨盤を矯正しても元に戻っちゃうなどと思っている方は

自分が元のずれた骨盤に戻してしまっていることに目を向けずにいます。

先ずは、自分の私生活の中で何が骨盤にとってストレスなのか、よく考えて行動を見直してみてください。

何をどうしたらいいのか分からなければ、インターネットで調べるより、本や雑誌の特集記事を読むより、

整体に来て直接、どうしたらいいのかを聞いてみる方がよほど効果的です。

また、【姿勢】を治したいと思っている方も最近は多くなってきました。

姿勢を治したければやはり、自分の行動を見直す必要があります。

生活習慣や仕事などあなたの周りには姿勢を悪くする要素がいっぱいです。

そんな中で日々の生活を営んでいるわけですから、

その一つ一つの行動を見直して姿勢を悪くする原因を無くしていくように行動すればいいのです。

もちろん、整体で何とかしたいという考えもあるでしょう??

しかし、他力本願の場合、自分の力で何とかするよりも時間もコストもかかります。

姿勢をよくしたいと考えるなら、先ずは自分で何とかするという心構えが必要です。

そのうえで、整体に来てアシストしてもらう、あるいは、姿勢を治すための知識や行動を教えてもらう。

そして、実行するという行動パターンを身に着けることが重要です。

骨盤太郎では姿勢を変えたい方のカラダの教科書ともいえる姿勢分析とエクササイズプログラムを作成できます。

姿勢を変えたい皆さん、きっとお力になりますので、相談だけでもしてみて下さいね!!

骨盤太郎