ヘッダー

姿勢の記事

午後の日差しも心地よい時間です。
ちょっとお昼寝でも…いやいや!仕事仕事!(笑)
こんにちは。骨盤太郎チーフトレーナーの菅原です。

昨日、ボクが個人で通っているジムに行った時のお話です。
帰宅も遅かったので悩みどころだったのですが、意を決してジムに足を運んだところ、幸運にもほぼ人がおらず、使い放題状態でした。
普段はあまり器具を独り占めできないのでできなかったジャイアントセット方式で胸をトレーニング。
最後はダンベルプレスとフライだったのですが、人もいないことだしフォームチェックをと動画撮影。

個人的なイメージとしては、かなり大胸筋にストレッチも効いていたし、スティッキングポイント(力の入りづらい位置)まで降ろしているつもりでしたが…。
思ったより浅かった。(笑)
もちろん、90度オーバーで降ろしているものの、思ったほどじゃなかったです…。
それで筋肉痛もイマイチだったのか!
改めて、自分の認識と実際の動きの差異に気が付きました。

骨盤太郎では、パーソナルトレーニングですので、もちろんフォームのチェックもトレーナーが行っています。
効かせるためにも、ケガの防止のためにもフォームチェックは肝心なポイントです。
一般のスポーツクラブに通っていらっしゃる方、ご自身でトレーニングを行っている方も、一度正確なフォームチェックを行いながらのトレーニングをおすすめします。
きっとまた一段上のカラダが手に入ります。

本日はキャンセルも出ていますので、比較的当日のご予約も取りやすくなっております。
思い立ったらまずはお電話を!本日も閉店までお電話お待ちして居ります。

みなさんこんばんわ。

骨盤太郎の成瀬です。

女性のみなさん【ぽっこりお腹】で悩んでいる方いませんか??

年齢に関係なく若い女性もぽっこりお腹を気にしている女性多いですよね。

じつはぽっこりお腹は見た目だけではなく、冷え性や月経障害、頭痛や胃痛などの原因にもあるわけです。

姿勢が悪くて肩こり、腰痛の原因はよく聞きますが、【ぽっこりお腹】も姿勢が原因です。

自分の姿勢が普段どんなものなのかわからない時に確かめられるのがこれ。

壁に背を向けてかかと、おしり、背中、肩、頭を壁に付けます。

この時点で立ちにくかったり普段立っている時と違和感があれば姿勢が良くない証拠です。

プラス、壁と腰の隙間に握りこぶしが余裕で入ってしまうと普段【ぽっこりお腹】の姿勢になっている証拠です。

腰と壁の隙間をなるべく空けないようにお腹を壁にくっつけてあげてそれを普段の姿勢にしていけば改善されるんですが

普段、腹筋を意識して日常生活をおくるのは難しいことです。

ですので骨盤太郎の整体やトレーニングで腹筋に意識を向けてあげるのが【ぽっこりお腹】を改善できる方法のひとつだと思います。

普段の立っている、歩いている、座っている姿勢って本人よりも回りの人の方が見ています。

「姿勢が良くなったね」と回りから言われるを目指して一緒に改善していきましょう!!!

こんにちは!

骨盤太郎の店長、仙仁です。

先日は東京にも春一番が吹き荒れ、

春も間近かと思った矢先の本日は冷たい雨がふる一日となってしまいました。

こんな時は体調管理が難しいので、腰痛などにお気を付け下さい。

さて、3月も下旬に差し掛かり、

骨盤太郎がある代々木にも新社会人がちらほらと見受けられるようになりました。

おそらく、新社会人の研修が始まったのではないでしょうか??

新社会人と言えば、フレッシュマンと言われていますが、

その実、なんか急に老け込む若者も多いですよね。

それは私服の時には分かりにくかった姿勢の悪さがスーツに身を包むと目立ってしまうからかもしれません。

生活環境が学生のころから大きく変わり、

新しいプレッシャーに耐えなくてはいけない社会人にとって、

健康な体が一番大事なのに、姿勢が悪かったら話になりません。

姿勢が悪い事によるデメリットはたくさんありますが、

メリットなど一つもありません。

新社会人になったら、今まで気にしなかったような姿勢の事も少しは気にしてみるのもいいかもしれません。

初めての骨盤矯正をしてみようかなと思ったら、

この春3周年をむかえた骨盤太郎で骨盤矯正を受けて、姿勢改善してみてはいかがですか??

骨盤太郎