ヘッダー

ランナー

寒くなったり暖かかったり忙しい季節になりました。体調は良好ですか?
こんにちは。骨盤太郎チーフトレーナーの菅原です。

4月より日曜日はクラスレッスンが始まります。4月3日の記念すべき1回目はなんと無料体験!
ルーシーダットン、ピラティス、フランクリンメソッドといったトレーニングメソッドがそろっており、講師陣も一流のベテランインストラクターです。
正直、ボクも体験したことのないトレーニングメソッドもありますので参加しちゃいます!百聞は一見にしかず。やってみるのが一番早いです。パーソナルトレーニングの雰囲気とはまた違い、みんなでかく汗というのも楽しくていいものですよ。

それでは、ここでボクだけの主観で講師の印象と雰囲気をお伝えしようと思います。(笑)

山田菜穂子先生。
ボクと店長の仙仁先生のスタビライゼーションライセンス取得の時にお世話になった、ボクたちにとってもまさに「先生」です。とてもさっぱりした人柄で、それでいてすごく気遣いの利く最強ランクのトレーナーだと思います。疑問に思ったことには、分かりやすく説明してくれるので、専門知識だけでなく指導者として優れた素晴らしい先生です。

南屋久江先生。
ボクにフランクリンメソッドという言葉を教えてくれたスタビライゼーション・トレーナーの南屋先生。控えめな雰囲気でありながら、一生懸命な情熱はピカイチです。フランクリンメソッドとスタビライゼーションという組み立ても、南屋先生考案の特別なミックスで、創造力も豊かな優秀な先生です。

でも、百聞は一見にしかず。
是非、トレーニングメソッドと新しい講師の人柄にも触れてみてください。きっと運動することが、また一段と楽しくなること間違いなしです。
トレーニングと人のつながり。
骨盤太郎は健康だけでなく、人生が豊かに過ごせる方法をご提案します。

ちょっと天気がはっきりしない日が続いていますね。夜はちょっとずつ冷え込んできました。早くも風邪などの体調不良も流行ってきているようです。
日々の睡眠や休息はしっかり摂れていますか?

かくいうボクも先ほどお客様からお電話頂いた時に「お電話ありがとうございます。骨盤…」なんと前々職の職場の名前を言ってしまいました。(笑)
ちょっと疲れがたまっているのは、皆さんと同じかも知れません。

疲れた時にはもちろん休息が必要です。しかし、たまの日曜日や休日にゴロゴロしていたら余計に疲れが…という経験はどなたにもあるかと思います。この辺に関しては、逆にトレーニングをすることで血流が促され、疲労物質が流れることによりスッキリするというお話はしたことがあったかと思います。
積極的休養という意味のアクティブレストは、健康のためにも非常に役立ちます。病は気からとも言いますが、ちょっとずつ寒くなってきてカラダを動かすのも億劫になってくる時期です。心も傾きかけるこの時期を、カラダを動かすことで乗り切りませんか?

骨盤太郎では良質で安全なトレーニングはもちろん、トレーニングの時間を一緒に楽しめる空間です。
是非、骨盤太郎で楽しいトレーニングのひとときを共有させてください。年末が変われば来年が変わります!

天気がいいので意気揚々と出勤してみたらちょっと寒かったです。冬の足音が聞こえてきましたね。
こんにちは。骨盤太郎チーフトレーナーの菅原です。

昨日はついうっかり高重量のトレーニング中に呼吸を止めるようなアクシデントがありまして、顔に内出血…。分っていても、一人で行うトレーニングは、ちょっとした拍子にアクシデントやケガ、高重量の大きな欠点です。それを自身の身をもって実感してしまいました。

ボディケアなどの時間にトレーニングについてお客様とお話しすることがあるのですが、「もっと早く知っていれば!」といった反応が多く、せっかくの時間と労力がもったいないことになってる場合が多いです。個人差はありますが、ヒトのカラダはほぼ同じメカニズムですから、それを知っているかいないかでは大きく変わってきます。
トレーニングが楽になるわけではありませんが、効率や結果は格段に上げることができます。

今日はダイエットについてちょっと触れます。
「痩せなきゃ!ランニングしてくる!」そう言って膝や腰を痛めてケアに来店される方が少なくありません。以前お話ししたかも知れませんが、有酸素運動で消費されるカロリーはそこまで莫大な数字ではないんです。それに走るという行為は、膝に体重の3倍ほどの負担をかけます。加えてアスファルトの上をランニング用ではないシューズでとなると、カラダへの負担は計り知れませんね。
かえって関節を傷めてしばらく運動できない。運動嫌いに…体重増加!という悪循環にも陥りかねません。

入り口としては食生活の見直しを先に行います。そこから筋量を増やすトレーニングを行いましょう。
食事は朝を欠かさず、炭水化物を過剰に抜かないでください。満腹、空腹を避けてコップ1杯の水を毎食前に摂る習慣を付けましょう。過剰な食欲とカラダへの吸収が抑えられます。
トレーニングはできるだけ限界まで追い込みましょう。必要なのは回数をどれだけこなしたかではなく、筋肉にどれだけ危機感を与えるかです。非常に取っ付きづらい言い方ですが、ズバリいうとそういうことです。
筋肉は非常に賢いので「このままではダメだ」と筋肉が判断すると筋力が向上し、筋量も増えます。
「ボディビルダーみたいになるのはちょっと…」と思う方もいらっしゃると思いますが、「本気で走ったらボルトに勝っちゃう」くらいの心配なのでほぼ無用です。

ざっとお話してきましたが、こだわりだしたらきりがありません。できることから始めていきましょう。
骨盤太郎のパーソナルトレーニングは、基本を大切にしながらもお客様の流す汗が一滴たりとも無駄にならないようにしっかり目標に向けてサポートさせていただきます。
今できる最初の一歩として、是非、骨盤太郎のパーソナルトレーニングにお電話を。

骨盤太郎