ヘッダー

整体の記事

段々と夜風が冷たくなってきましたね。
こんばんは。骨盤太郎チーフトレーナーの菅原です。

スポーツ、運動にはケガのリスクはどうしてもついてきます。激しい運動であればあるほどに、特に直接的な競技では避けられないものです。もちろん無い方がいいのですが、万が一の対処法は知っていて損はありません。特に最初の段階での処置が適切に迅速に行えるかどうかで、完治までの時間の短縮や事態の悪化などが避けられます。
rice処置と言われる応急処置は、どんな場合にもまずはやっておきたい基本中の基本です。
安静、冷却、圧迫、挙上の英語頭文字をとってrice処置と言います。

まず安静にできる場所へ移動し、むやみに動かさないようにします。
患部を氷などで冷やします。
腫れや出血などをできるだけ抑えるため、圧迫します。
同じ理由で心臓より高い位置に患部を挙上します。

そのあとはできるだけ早く医師の診察を受けましょう。
ボクはAEDなどの講習も定期的に受けており、その他さまざまな応急処置に関する勉強をしていますが、その場に出くわした時に冷静に段階を踏んで対応できるかが勝負になってきます。
ケガや病気の場に出くわすようなことはない方がいいですが、万が一のことでもありえないことではありません。大事な人や家族のためにもこういった講習会などに一度出席してみるのもいいかも知れませんね。

最近は火山活動が活発だったり、地震が頻発していますから、災害にも備えて知識や身体能力を高めておくのも一つの「備え」ではないでしょうか?
骨盤太郎は今日も21時、最後のギリギリのお時間まで、トレーニングやボディケアのご予約を受け付けております。

爽やかな風を感じるようになりました。夜は肌寒いこともありますね。
こんにちは。骨盤太郎チーフトレーナーの菅原です。

今日も多くのお客様が整体でカラダをほぐしたり、トレーニングにいらっしゃっています。季節の変わり目ですから、体調も崩しやすいので定期的なメンテナンスも欠かせないですね。
また、涼しくなったので外を走ったり歩いたりするにもいい季節になりました。まさにスポーツの秋です。

ランニングにはちゃんとしたシューズも不可欠ですし、安定したフォームで行わなければランナー膝などの症状に悩むこともあります。最初はゆっくりとかかとから着地するように心がけ、少しづつ速度や距離を増やしていきましょう。
ウォーキングであれば、ちょっと早歩きで汗ばむ程度のスピードを出していきましょう。

整体でメンテナンス、調整をすることで最大のパフォーマンスでランニングなどのトレーニングもできるようになり、効果や記録のアップにつながります。
本日も最終20:00までご予約をお待ちしております!

ようやく都内も30℃を下回ってきました。秋の足音が近くに聞こえるようですね。
こんにちは。骨盤太郎チーフトレーナーの菅原です。

涼しくなってきているとはいえ、日中はまだまだ厚さは厳しいですが、夜や朝方などはそろそろジョギングにもいい時期になりました。お気に入りの音楽を聴きながら、お気に入りのウエアを着てランニングというのもいい時間の使い方だと思います。
ダイエットや健康づくり、競技能力アップにつながるスタミナをつけるためにも、有酸素運動は非常に重要なトレーニングになってきます。今日はそんな有酸素運動に大切なポイントをお話しましょう。

まず、重要なことは自分自身の最大心拍数を知ることです。
220-年齢=最大心拍数

その60%~70%のゾーンが脂肪燃焼には最適な運動強度と言われています。70%~で競技能力アップにつながるようなスタミナアップになります。目標の心拍数を定め、その心拍数を下回らないようにします。そうすることで有酸素運動の効果がしっかりと出てきます。
現在の心拍数の求め方なのですが、脈を15秒計り4倍すると現在の心拍数が出ます。また、最近では安価な心拍計やウェアラブル端末も販売されているので、そういうものを利用するのもいいかも知れませんね。

骨盤太郎では、ランナーの皆さん向けのケアも行っています。
膝や腰は一生の宝ですから、しっかりケアをして快適に長いスポーツライフを送っていただきたいと思います。

骨盤太郎