03-6447-1654 LINE WEB予約

夏バテを予防して快適に過ごすための5つのポイント | 千駄ヶ谷・代々木でパーソナルトレーニング・整体に特化したコンディショニング施設

WEB予約
東京都渋谷区千駄ケ谷4丁目26-12
03-6447-1654

Blog記事一覧 > 栄養 - JSO PERFORMANCE INSTITUTEの記事一覧

夏バテを予防して快適に過ごすための5つのポイント

2024.05.24 | Category: 健康,栄養

今日は5月とは思えない気温の高さですね。
急な気温の変化で身体の調子を崩さないように、普段から意識できることを取り入れていきましょう。
まだ夏は先のように思っていましたが、今からもう気が抜けません。
涼しいうちに、心と身体の準備をしておきましょう!

この記事では、夏バテを予防し、元気に夏を乗り切るための5つのポイントをご紹介します。

  1. 水分補給をこまめにする
    夏の暑さで体は大量の水分を失います。
    この水分不足が疲労感やだるさの主な原因となることがあります。
    水やハーブティー、スポーツドリンクをこまめに摂取し、脱水を防ぎましょう。
    特に外出時や運動前後の水分補給は重要です。
  2. 栄養バランスの良い食事を摂る
    夏野菜には体を冷やす効果があるものが多く、これが夏バテ予防に役立ちます。
    トマト、キュウリ、ナスなどの季節の野菜をふんだんに使った料理や、ビタミンやミネラルを豊富に含む果物を積極的に取り入れると良いでしょう。
  3. 適度なエアコンの使用
    室内環境を快適に保つためにエアコンは欠かせませんが、温度設定はほどほどにしましょう。
    過度に冷やすと体温調節が難しくなり、逆に夏バテの原因にもなります。
    適切な温度は25〜28度が目安です。
  4. 適度な運動を心がける
    暑さの中での過度な運動は避けた方が良いですが、適度な運動は血行を良くし、体力維持にもつながります。
    早朝や夕方など涼しい時間帯に、軽いウォーキングやストレッチ、トレーニングを行いましょう。
  5. 十分な休息を取る
    暑い季節は体が疲れやすく、熱中症のリスクも高まります。
    十分な睡眠をとり、無理をせず休息を取ることで、体のリカバリーを助けます。

まとめ
これらの簡単なポイントを日々の生活に取り入れることで、夏の暑さに負けず、健やかに過ごすことができます。
夏バテ知らずで活動的な夏をお過ごしください!

栄養バランスガイド【セクション1】

2024.04.05 | Category: 健康,栄養

栄養バランスとは?健康のための食事バランスの基礎

栄養バランスとは、私たちの体が健康を維持し、日々の活動に必要なエネルギーと栄養素を適切な割合で摂取することを意味します。
バランスの良い食事は、成長、発達、一般的なウェルビーイングをサポートし、慢性疾患のリスクを低減します。

栄養バランスの重要性

健康維持と病気予防
バランスの取れた食事は、心臓病、糖尿病、がんなどの慢性疾患のリスクを減らします。

エネルギーレベルの管理
適切な栄養バランスは、日中のエネルギーレベルを維持し、疲労感を減らすのに役立ちます。

体重管理
健康的な食事は、適切な体重を維持するのに重要です。

主要な栄養素

炭水化物
エネルギーの主要な源。
全エネルギー摂取量の約50-60%を占めるべきです。

たんぱく質
筋肉の成長と修復に必要。
全エネルギーの約10-20%をたんぱく質から摂取します。

脂質
エネルギーの濃厚な源であり、体内の重要なプロセスに必要。
全エネルギーの約20-30%を脂質から摂取することが推奨されています。

ビタミンとミネラル
体の機能をサポートし、病気を防ぐのに重要。
多種多様な食品からバランス良く摂取する必要があります。

一日の食事バランスの目安

朝食
一日のスタートを切るために、炭水化物、たんぱく質、少量の脂質を含む食事をとりましょう。

昼食
エネルギーを補給し、午後の活動をサポートするために、バランスの取れた食事を摂ります。
たんぱく質、炭水化物、野菜を豊富に含めると良いでしょう。

夕食
一日の終わりには、消化しやすい食事を心がけ、たんぱく質と野菜を中心にします。

 

まとめ

栄養バランスの良い食事は、健康維持のために欠かせません。
日々の食事で、炭水化物、たんぱく質、脂質を適切な比率で摂取し、ビタミンとミネラルを忘れずに補うことが大切です。
多様な食品を選び、栄養素をバランス良く摂取することで、健康的な生活を送ることができます。

健康的な生活を送るための7つの簡単習慣

2024.01.30 | Category: ストレッチ,パフォーマンスアップ,健康,姿勢,栄養,筋トレ

皆さんこんにちは!
今回の記事では、皆さんが健康的なライフスタイルを維持するための簡単で効果的な習慣をご紹介します。
健康は日々の小さな積み重ねから生まれます。

出来ることを今日から意識して取り組んでみてください!

1. 水分補給を心がける

身体の約60%は水で構成されています。
適切な水分補給はエネルギーレベルを維持し、体の機能を正常に保つのに役立ちます。
コーヒーやアルコールではなく、清潔な水やハーブティーを選ぶことが重要です。
目安として、1日に約2リットルの水を飲むようにしましょう。

2. バランスの取れた食事を

健康的な食事は、エネルギーと必要な栄養素を供給します。
野菜、果物、全粒穀物、良質なタンパク質をバランスよく摂取しましょう。
加工食品や砂糖の多い食品は避けることが望ましいです。

3. 定期的な運動

身体活動は心臓病、糖尿病、うつ病などのリスクを減らし、全体的な体調を改善します。
週に少なくとも150分の中強度運動を目指し、日常生活に組み込むよう努めましょう。
ウォーキング、ジョギング、スイミング、または軽いウェイトトレーニングを取り入れましょう。

4. 十分な睡眠を取る

質の良い睡眠は、身体の回復、記憶の整理、ストレスの軽減に役立ちます。
寝室を快適な環境に保ち、就寝前のスクリーンタイムを避けることが重要です。
夜間の7~8時間の睡眠を目指し、一定の睡眠スケジュールを守れるようにしましょう。

5. ストレスを管理する

ストレスは避けられないものですが健康に悪影響を与えるため、リラクゼーション技術を身につけることが重要です。
瞑想、深呼吸、ヨガなどは、ストレスレベルを下げ、心の平穏をもたらします。。

6. 正しい姿勢を保つ

長時間の座位や不適切な姿勢は体に負担をかけるため、背筋を伸ばし、肩をリラックスさせることが重要です。
座っている時も立っている時も姿勢に注意し、定期的なストレッチや姿勢改善エクササイズを取り入れましょう。

7. 社会的なつながりを大切に

人とのつながりは精神的健康を促進するだけでなく、孤独感を減少させ、生活に喜びと充実感をもたらします。
社会的サポートはストレスの緩和、抑うつ感情の低減、さらには長寿にも寄与することが研究で示されています。
友人や家族との時間を大切にし、社会的なつながりを維持しましょう。

まとめ

これらの習慣は、日々の生活の中で少しずつ実践することが可能です。
習慣化することで、健康的なライフスタイルを長期的に維持することができます。
覚えておいてほしいのは、小さな変化が積み重なって大きな差を生むということです。
自分のペースで、健康的な生活への一歩を踏み出しましょう。

バランスの取れた食事と筋トレの関係性

2024.01.09 | Category: 健康,栄養,筋トレ

フィットネスと健康を愛する皆さんこんにちは!Meguです。

今日は、バランスの取れた食事と筋トレがどのように相互に作用するか、健康的な身体を作るための具体的な食材などを書いていきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

筋トレと栄養の基本

筋トレは筋肉を強化し、体力を増進させる効果的な手段ですが、筋肉の成長と回復には適切な栄養が不可欠です。
例えば、筋肉はタンパク質から構成されており、トレーニングによる微細な筋損傷を修復するためにタンパク質が必要です。

 

プロテインの重要性

筋トレ後の筋肉回復には、プロテインが必要です。
良質なプロテイン源としては以下のようなものがあります。

  • 鶏胸肉: 低脂肪で高タンパク質。
  • 豆腐: ベジタリアンやヴィーガンに適したタンパク質源。
  • ギリシャヨーグルト: タンパク質が豊富で、消化にも良い。

 

炭水化物とエネルギー

筋トレ中の主なエネルギー源は炭水化物です。
健康的な炭水化物はとしては以下のものがオススメです。

  • 全粒穀物: ブラウンライスや全粒パスタが良い例です。
  • 果物: バナナやリンゴは天然の糖分を含み、エネルギー源として最適。
  • 野菜: カボチャやサツマイモなどが炭水化物を豊富に含みます。

 

脂質の役割

脂質はエネルギー源としてだけでなく、ホルモンの合成にも必要です。
健康的な脂質の選択肢には以下があります。

  • アボカド: 心に良い脂肪酸を含みます。
  • ナッツ: アーモンドやクルミは良質な脂質を提供します。
  • オメガ3: 鮭やサバなどの脂の多い魚が良いオメガ3の源です。

 

水分補給の大切さ

筋トレ中や後の水分補給は、パフォーマンス維持と筋肉の回復に不可欠です。
適切な水分補給は、体内の代謝プロセスを助け、筋肉の修復と成長を促進します。

 

7-7 食事サイエンス|日立市民科学文化財団

まとめ

今回は、上の図の三大栄養素についてでした。
バランスの取れた食事と筋トレは、相乗効果を生み出し、より効果的に健康的な体を構築します。
筋トレ後のタンパク質摂取、運動エネルギーの炭水化物摂取、健康的な脂質の選択、そして十分な水分補給が、筋肉の成長と回復を助けます。

ぜひ筋トレを行う際は、食事についても気を付けてみてください!

運動部の高校生女子を持つ家庭で出来る食事のサポート

2024.01.08 | Category: 栄養

運動部の高校生特に女子高校生は栄養が成長やホルモンバランスなどに大きく関係しており、

食事は非常に大切になります。

運動部で頑張る娘のために料理でサポートしてあげられるならとことん親としては頑張ろうと思うのではないでしょうか?

ということで、コメを主食とした一食平均700キロカロリーの1週間分のレシピをご提案します。

ご参考までにどうぞ。

米はエネルギー源として優れた炭水化物を提供します。以下は一食平均700キロカロリーになるように調整したメニューです。

月曜日

朝食: 米と野菜のチャーハン、卵(1個)

昼食: チキンと野菜の炒め物、玄米(1/2カップ)

夕食: サーモンのグリル、玄米(1/2カップ)、ブロッコリー

火曜日

朝食: 米粥、ベリーのトッピング

昼食: ツナとアボカドのサラダ、玄米(1/2カップ)

夕食: ビーフストロガノフ、白米(1/2カップ)

水曜日

朝食: ヨーグルトとフルーツのパフェ、グラノーラ

昼食: カレーライス(チキン入り)、野菜サラダ

夕食: シーフードパエリア、野菜のサイド

木曜日

朝食: トースト、スクランブルエッグ、フルーツ

昼食: チキンと野菜の炊き込みご飯、味噌汁

夕食: ポークチョップ、焼き野菜、玄米(1/2カップ)

金曜日

朝食: オートミール、フルーツ、ナッツ

昼食: ローストビーフのサンドイッチ、野菜スティック

夕食: チキンのテリヤキ、白米(1/2カップ)、野菜炒め

土曜日

朝食: パンケーキ、メープルシロップ、フルーツ

昼食: 寿司ロール(中)、味噌汁

夕食: 豚肉の生姜焼き、白米(1/2カップ)、サラダ

日曜日

朝食: フレンチトースト、フルーツ

昼食: チキンのケバブ、タブーレ、玄米(1/2カップ)

夕食: 魚のグリル、トマトのリゾット

スナック

  • ナッツや種子
  • フルーツ
  • ヨーグルト
  • ハムとチーズのロール
  • 小さめのおにぎり(時々)

これらのメニューは、米を主食として取り入れつつ、1食あたり約700キロカロリーを目安にしています。

食材の種類や量によってカロリーは変わるため、必要に応じて調整してください。

また、個人の活動量や体質に合わせて必要なカロリー摂取量を考慮することが大切です。