03-6447-1654 LINE WEB予約

健康的な生活のための時間管理術:仕事とプライベートのバランス | 千駄ヶ谷・代々木でパーソナルトレーニング・整体に特化したコンディショニング施設

WEB予約
東京都渋谷区千駄ケ谷4丁目26-12
03-6447-1654

Blog記事一覧

カテゴリ一覧

健康的な生活のための時間管理術:仕事とプライベートのバランス

2024.03.07 | Category: 健康,未分類

はじめに

現代社会では、多忙な仕事とプライベートのバランスを取ることが、健康的な生活を送る上での大きな課題となっています。
適切な時間管理術を身につけることで、ストレスを減らし、仕事とプライベートの両方を充実させることが可能です。
このブログでは、健康的な生活のための時間管理術をご紹介します。

タイムブロッキングの活用

タイムブロッキングは、一日のスケジュールをブロックに分けて管理する方法です。

仕事の時間とプライベートの時間を明確に分ける
仕事の時間は集中して作業を行い、定時になったら仕事を終えてプライベートの時間を楽しみます。

休憩時間の確保
効率的な仕事を行うためにも、定期的な休憩が必要です。短い休憩を日中に取り入れましょう。

優先順位の設定

健康的な生活を送るためには、日々のタスクに優先順位をつけることが重要です。

重要度と緊急度でタスクを評価
「重要だが緊急ではない」タスクに時間を割くことで、長期的な健康と幸福につながります。運動や勉強が例として挙げられます。

「ノー」と言う勇気
自分の健康とバランスを優先し、過剰な負担となる仕事や要求を断ることも重要です。

デジタルデトックス

スマートフォンやコンピュータの過度な使用は、睡眠の質を下げ、ストレスを増加させます。

就寝前のデジタル機器の使用を控える
睡眠の質を高めるために、就寝1時間前はスクリーンを見ないようにしましょう。

デジタルデトックスの日を設ける
定期的にデジタル機器から離れて過ごす日を設け、心と体をリフレッシュさせます。

趣味とリラクゼーションの時間を確保

健康的な生活には、ストレスを解消し、心を満たす趣味やリラクゼーションの時間が不可欠です。

趣味の時間をスケジュールに組み込む
週に数回は好きな活動や趣味の時間を確保しましょう。

リラクゼーション技法を取り入れる
瞑想、ヨガ、深呼吸など、ストレスを軽減するリラクゼーション技法を日常に取り入れます。

まとめ

仕事とプライベートのバランスは、健康的な生活を送る上で欠かせない要素です。
適切な時間管理術を実践することで、ストレスを減らし、生活の質を高めていきましょう!。

ストレス解消から姿勢改善まで: 初心者が知るべき整体とトレーニングの基礎知識

2024.03.01 | Category: スタビライゼーショントレーニング,ストレッチ,パフォーマンスアップ

はじめに

現代社会では、ストレスや不良姿勢が多くの人々の悩みとなっています。
これらの問題を解決するために、整体とトレーニングが効果的な手段として注目されています。
このブログでは、初心者が知るべき整体とトレーニングの基礎知識を分かりやすく解説し、ストレス解消から姿勢改善まで、幅広い効果をご紹介します。

ストレス解消のための整体とトレーニング

ストレスは、心身の不調の原因となることが多いです。
整体とトレーニングを通じて、ストレスを効果的に解消することができます。

リラクゼーション効果のある整体
自律神経を整えることでリラックス効果を得ることができます。
簡単な呼吸法や、リラックスを促すマッサージが効果的です。

ストレス解消に効果的なトレーニング
運動をすることで、ストレスホルモンが減少し、リラックス効果が得られます。
特に有酸素運動やスタビライゼーショントレーニングがおすすめです。

姿勢改善のための整体とトレーニング

不良姿勢は、肩こりや腰痛の原因となることがあります。
整体とトレーニングを通じて、姿勢を改善することができます。

姿勢を整える整体
背骨の歪みを整えることで、正しい姿勢を保つことができます。
定期的な整体セッションが効果的です。

姿勢改善に効果的なトレーニング
背中や腹筋を鍛えることで、姿勢を支える筋力を高めることができます。
プランクやスクワットなどの体幹トレーニングがおすすめです。

日常生活での取り入れ方

日々のルーティンに組み込む
毎日数分でも良いので、整体やトレーニングを日常生活に取り入れましょう。

自分に合った方法を選ぶ
無理なく続けられる方法を選び、徐々にレベルアップしていくことが大切です。

正しいフォームを意識する
整体やトレーニングを行う際は、正しいフォームを心がけることで、効果を高めることができます。

まとめ

整体とトレーニングは、ストレス解消から姿勢改善まで、さまざまな効果が期待できる手段です。
初心者の方でも、基礎知識を身につけ、日常生活に取り入れることで、心身の健康を支えることができます。

JSOPIでは、整体とトレーニングを1ストップで行うことが出来ます!
どちらかでも大歓迎、セットは特におススメです。
ご予約お待ちしております!こちらをクリック

バスケットボールで多い怪我を予防するには

2024.02.26 | Category: スタビライゼーショントレーニング,ストレッチ,スポーツ整体,ダイナミックストレッチ,パフォーマンスアップ,筋トレ

スポーツを行う上で、ケガはつきものではありますが、どの競技でどんな怪我が多いのかを知っておくことは、

競技を続ける上でパフォーマンスやリスクヘッジとして大きな武器となります。

このブログ記事では、外傷と外傷以外のトラブルに分けて表にまとめてみました。

バスケットボールでよく見られる怪我(外傷)とその特徴をまとめた表です。

怪我の種類 特徴
足首の捻挫 足首をひねることによって起こる。バスケットボール選手に最も一般的な怪我。
膝の怪我 十字靭帯損傷(ACL損傷)、半月板損傷、膝蓋骨脱臼などが含まれる。
手指の捻挫や骨折 ボールをキャッチする際や相手との接触時に起こりやすい。
腱鞘炎 手首や腕の繰り返しの動きによって引き起こされる炎症。
筋肉の肉離れ 大腿四頭筋やハムストリングなどの筋肉で発生しやすい。
足底筋膜炎 足の裏の筋膜が炎症を起こす。ランニングやジャンプの多いバスケットボール選手に発生しやすい。
背中や首の痛み 身体のねじれやコンタクトプレーによる衝撃によって背骨や首に負担がかかり、痛みや怪我につながることがある。

これらの怪我を予防するためには、適切なウォームアップとクールダウン、ストレッチ、筋力トレーニング、

適切なフットウェアの選択、プレー中の正しいフォームの維持などが重要です。

また、怪我をした場合は適切な治療とリハビリテーションを行うことが必要です。

バスケットボール選手に多い外傷以外のトラブルとその特徴をまとめた表です

トラブルの種類 特徴
過労、オーバーワーク 長時間の練習や試合による身体的な疲労が蓄積することで、パフォーマンスの低下や怪我のリスクが高まる。
(熱中症) 屋外でのプレー時や高温多湿の環境での活動により、熱中症になるリスクがある。
疲労骨折 骨への過度なストレスによって、微細な骨折が発生することがある。特に足の骨に多く見られる。
腰痛 繰り返しのジャンプや急激な方向転換など、バスケットボール特有の動きが腰への負担となり、腰痛を引き起こすことがある。
肩のトラブル パスやシュートの繰り返しによる肩の筋肉や腱の過度な使用が原因で、肩の痛みや不調が生じることがある。
オーバートレーニング症候群 過度なトレーニングや休息不足により、疲労、パフォーマンスの低下、気分の落ち込みなどの症状が現れることがある。

これらのトラブルを防ぐためには、適切なトレーニング計画の策定、十分な休息と回復、適切な栄養摂取、

適切なウォームアップとクールダウン、身体のサインを聞きながらのトレーニング調整などが重要です。

また、不調を感じた場合は早めに専門家に相談することが大切です。

以上、バスケットボールで多い怪我やトラブルについてまとめてみました。

これらのデータから下半身の強化と疲労の蓄積に注意をして行うことが大切なことが分かります。

専門的な知識が少ない部活動などではしばしば知識不足から起こるトラブルがあります。

これらを予防するためにも知識を得ることはとても大切です。

プロプリオセプションを向上させる5つの方法: バランスとパフォーマンスを高める

2024.02.22 | Category: スタビライゼーショントレーニング,ストレッチ,パーソナルトレーニング,パフォーマンスアップ

はじめに

プロプリオセプション、または固有受容感覚は、私たちの体の位置や動きを感じ取る能力です。

スポーツパフォーマンスの向上、怪我の予防、そして日常生活の質の向上に不可欠なこの感覚を鍛えることは、

あらゆる年齢や活動レベルの人々にとって重要です。この記事では、

プロプリオセプションを向上させる5つの効果的な方法を紹介します。

 

1. バランスエクササイズ

バランスボードやバランスボールを使用したエクササイズは、プロプリオセプションを鍛えるのに最適です。

片足立ちやヨガのポーズも、バランス感覚を高めるのに役立ちます。

2. 閉眼エクササイズ

目を閉じてバランスを取ることで、視覚情報に頼らずにプロプリオセプションを鍛えることができます。

これは、特に足首や膝の怪我からの回復に役立ちます。

3. 筋力トレーニング

下半身の筋力を強化することで、関節の安定性が向上し、プロプリオセプションが向上します。

スクワットやランジなどのエクササイズが有効です。

4. ストレッチ

適切な柔軟性は、関節の正確な動きを促し、プロプリオセプションを改善します。

定期的なストレッチルーチンを取り入れることが重要です。

5. ファンクショナルトレーニングやスタビライゼーショントレーニング

日常生活での動作を模倣するエクササイズは、プロプリオセプションを向上させるのに効果的です。

例えば、荷物を持ち上げる動作や階段の上り下りなどです。

まとめ

プロプリオセプションは、バランス、パフォーマンス、怪我の予防に不可欠な要素です。

上記のエクササイズを日常的に取り入れることで、プロプリオセプションを向上させ、

より健康で活動的な生活を送ることができます。今日から始めて、体の感覚を鍛えましょう。

お客様への大切なお知らせ:LINEでの予約が簡単に!

2024.02.20 | Category: 予約方法,初めてのお客様へ

いつもJSOパフォーマンスインスティテュート(旧骨盤太郎)をご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、お客様にさらに便利に当店のサービスをご利用いただくため、LINEでの予約連携が可能となりました。 以下、設定方法をご案内いたします。

  1. QRコードの読み取り: ワンモアハンドのお客様予約画面でLINEのQRコードを読み込んでください。
  2. 友だち追加: LINE画面で「友だち追加」をクリックします。
  3. URLアクセス: 「友だち追加」後、LINEに送られてくるメッセージに記載されているURLにアクセスしてください。
  4. ログイン・会員登録: 予約画面ログインページより「会員登録」または「マイページにログイン」を行ってください。これでLINE公式アカウントとの連携が完了します。

※既にLINE公式アカウントに「友だち」登録されているお客様は、一度「ブロック」してから再度「友だち」追加の手続きをお願いいたします。

この新しい連携機能により、よりスムーズにご予約いただけるようになります。ぜひご利用ください!

LINE連携お客様設定

全身リフレッシュ! 初心者から始める整体とトレーニングの日常への組み込み方

2024.02.19 | Category: スタビライゼーショントレーニング,ストレッチ,パフォーマンスアップ,健康,姿勢

はじめに

日々の忙しさの中で、体と心のバランスを保つことは簡単ではありません。
しかし、整体とトレーニングを日常に取り入れることで、全身をリフレッシュし、ストレスを軽減することができます!
初心者でも簡単に始められる整体とトレーニングをご紹介し、日々の生活にどのように組み込むことができるかを解説していきます。

整体の基本

整体は、体のバランスを整えるための手技療法です。
自分でできる簡単な整体方法としては、次のようなものがあります。

ストレッチ: 体の柔軟性を高め、筋肉の緊張を和らげます。
朝起きたときや、長時間同じ姿勢でいた後に行うと効果的です。

呼吸法: 深い呼吸を意識することで、リラックス効果が得られます。
胸や腹部を意識して、ゆっくりと深呼吸を行いましょう。

姿勢の調整: 日常生活での姿勢を意識し、背筋を伸ばして立つ、座る習慣をつけましょう。
正しい姿勢は、体の負担を軽減します。

トレーニングの基本

トレーニングは、体力をつけるために重要ですが、無理をせずに始めることが大切です。

ウォーキング: 日常の移動を歩くことに置き換えるだけで、無理なく運動を取り入れることができます。

軽い筋トレ: 腕立て伏せや腹筋など、自宅でできる軽い筋トレを取り入れましょう。
週に2〜3回、10〜15分程度から始めてみてください。

ヨガ: ヨガは、体の柔軟性と筋力を同時に高めることができる運動です。
初心者向けのポーズから始めて、徐々にレベルアップしていきましょう。

日常への組み込み方

整体とトレーニングを日常生活に組み込むためには、以下のポイントが重要です。

ルーティン化: 毎日決まった時間に整体やトレーニングを行う習慣をつけることで、継続しやすくなります。

小さな目標を設定: 達成可能な小さな目標を設定し、達成感を得ながら徐々にレベルアップしていきましょう。

楽しむこと: 整体やトレーニングを楽しむことが継続の秘訣です。
好きな音楽を聴きながら行うなど、自分に合った方法で楽しみましょう。

まとめ

整体とトレーニングを日常生活に取り入れることで、体と心のバランスを整え、ストレスを軽減することができます。
初心者の方でも簡単に始められる方法を試してみて、全身をリフレッシュしましょう。
日々の小さな積み重ねが、健康で充実した生活へとつながります!

健康とウェルネスを支える基本:初心者のための整体とトレーニング

2024.02.12 | Category: ストレッチ,パフォーマンスアップ,健康,姿勢

ウェルネスとは、従来の健康(ヘルス)と区別する目的で1960年代にアメリカで提唱されたもので、「より良く生きようとする生活態度」のことを意味します。
単に病気かどうかだけで健康を考えるのではなく、よりイキイキ
とした人生を目指す積極的な生き方を表しています。


はじめに

健康とウェルネスは、私たちの生活において非常に重要な役割を果たします。
日常生活でのストレス、不適切な姿勢、そして運動不足は、体と心の両方に悪影響を及ぼすことがあります。
このブログでは、初心者でも簡単に取り組める整体とトレーニングの基本について解説し、健康な生活を送るための第一歩をご紹介します。

整体とは?

整体は、体のバランスを整えることを目的とした治療法です。
不調の原因を根本から改善することに焦点を当て、手技や体の動かし方を通じて、体の構造(骨格、筋肉、関節)のバランスを整えます。
このプロセスは、体の自然な治癒力を促進し、痛みの軽減や姿勢の改善に繋がります。

トレーニングの基本

トレーニングは、体を動かして筋力を高め、柔軟性や心肺機能を向上させる活動です。
初心者には、自分の体力に合わせた軽い運動から始めることが重要です。
ウォーキング、ジョギング、ストレッチ、軽いウェイトトレーニングなど、日常生活に簡単に取り入れることができる運動からスタートしましょう。

健康とウェルネスを支える5つの基本ポイント

姿勢を正す: 日常生活での正しい姿勢を心がけることが、体のバランスを整える第一歩です。

ストレッチ: 体の柔軟性を高め、筋肉の緊張を解放するために、日々のストレッチが有効です。

基本のトレーニングを行う: 筋力を増やし、体のサポート機能を高めるためには、基本的なトレーニングが不可欠です。

バランスの良い食事: 健康な体を維持するためには、バランスの取れた食事が必要です。栄養素をしっかりと摂取しましょう。

十分な休息: 体と心の健康を保つためには、適切な休息も重要です。質の良い睡眠を取ることで、体はしっかりと回復します。

まとめ

整体とトレーニングは、健康とウェルネスを支える基本的な要素です。
これらを日常生活に取り入れることで、体の不調を予防し、より健康な生活を送ることができます。
初心者の方も、小さな一歩から始めて、健康への旅を楽しみましょう。

このブログが、健康とウェルネスに対する理解を深め、実生活での改善へと繋がる一助となれば幸いです。

整体&トレーニングの予約はこちら

JSOPIのHPはこちら

高齢者の転倒予防に効果的な筋肉トレーニングガイド

2024.02.10 | Category: スタビライゼーショントレーニング,ストレッチ,パーソナルトレーニング

高齢者の健康維持において、転倒は大きなリスクの一つです。

転倒を予防するためには、日常生活で簡単に取り入れられる運動や筋肉トレーニングが非常に有効です。

この記事では、高齢者の転倒予防に特に重要な筋肉群を強化するための運動について、

トレーナーとしてのアドバイスをしたいと思います。

主要筋肉群とその鍛え方

  1. 下半身の筋肉
    • 大腿四頭筋: スクワットや椅子からの立ち上がりを繰り返すことで鍛えることができます。
    • ハムストリングス: レッグカールやデクライントランクのポーズで強化できます。
    • 臀筋: ステップアップやランジで効果的に鍛えられます。
    • ふくらはぎの筋肉: かかとの上げ下げ運動で強化しましょう。
  2. コアの筋肉
    • 腹直筋や腹斜筋: プランクやクランチで鍛えることが可能です。
    • 腰方形筋: ダイアゴナル、スーパーマンが効果的です。
  3. 背筋
    • 背中のストレッチスタビライゼーショントレーニングで背筋を鍛え、姿勢を改善しましょう。

運動のポイント

  • 安全第一: 運動を始める前には、必ず医師や専門家に相談してください。
  • 継続は力なり: 少しずつでも良いので、毎日続けることが重要です。
  • バランス: 全身の筋肉バランスを整えることで、より効果的に転倒予防が可能になります。

まとめ

高齢者の転倒予防には、特定の筋肉群をターゲットにした運動が効果的です。

この記事で紹介したトレーニングを日常生活に取り入れ、健康で活動的な毎日を送りましょう。

運動は転倒予防だけでなく、全体的な健康維持にも寄与します。

今日からでも遅くはありません、あなたも健康な生活の一歩を踏み出しましょう。

小学校受験!!体育試験の重要性とその内容とお勧めトレーニングは?

2024.02.01 | Category: ドラウタビリティ,パフォーマンスアップ,代々木,小学校受験

こんにちは、JSOPIのセンニです。

今年の小学校受験の体育試験の傾向とお勧めトレーニングについて記事にしてみました。

デフォルトの内容に加えて今年のトレンドについて書いています。ご参考までに一読ください。

 

小学校受験と体育試験【子どもたちの全面的な成長を測る】


小学校受験は、単に学業成績だけでなく、子どもたちの身体的能力や社会性も重視します。

この記事では、小学校受験における体育試験の重要性とその具体的な内容について詳しく説明します。

 

体育試験の主な内容


小学校受験の体育試験は、子どもたちの運動技能と協調性を評価するために重要な役割を果たします

以下は、試験で一般的に求められる技能です。

  • 基本的な運動技能: 走る、跳ぶ、投げるなど、基礎的な動作を通じて身体協調性を測ります。
  • 団体競技やリレー: チームワークや協調性を評価するために、グループでの競技が行われます。
  • 体操やダンス: 芸術的運動を通じて、リズム感や創造性を判断します。
  • 指示への反応性: 指示理解と適切な反応能力を評価します。
  • 体力テスト: 長距離走や短距離走、立ち幅跳びなどを含む体力測定。

試験の内容はその年や学校によって異なるため、具体的な内容はそれぞれ異なることがありますので、

異なる内容にも対応できる能力をつけておくことが重要かもしれません。

 

体育試験の準備と親の役割


体育試験の準備は、子どもたちが楽しみながら参加できるようにすることが重要です。

親としては、子どもの運動習慣をサポートし、ポジティブな姿勢を育むことが大切です。

 

体育試験の意義と受験対策


小学校受験における体育試験は、子どもたちの身体的能力だけでなく、

社会性や協調性を総合的に評価するものです。適切な準備とポジティブなサポートが成功への鍵です。

今年の試験の傾向としては「コーディネーション」的な試験内容に含まれる学校が多かったようです。

 

子どもの運動能力アップにお勧めトレーニングは!?


2023年8月にスポーツ庁にてトレーナーのMeguさんとセンニで指導してきました。

「ドラウタビリティ」はおすすめのトレーニングと言えます。

ドラウタビリティについて


「Droutability(ドラウタビリティ)」は、認知機能と身体能力の向上を目的とした調整運動プログラムの一種です。この用語は、「能力を引き出す」という意味を持つ「Draw out Ability」から派生しています。

このプログラムには、調整能力、認知機能、体力を向上させるための様々な運動や活動が含まれています。

Droutabilityプログラムの一環として、身体的かつ認知的な性質を持つ運動が行われます。

これらの運動には、視覚的または聴覚的な手がかりに対する特定の動作や反応が含まれることがあり、

参加者は情報を迅速に処理し、身体運動で反応することが求められます。

たとえば、異なる色や番号の手がかりに対して特定の行動をすることで、

身体運動と認知処理を組み合わせることがあります。

 

ドラウタビリティを体験したいとお考えでしたら、是非一度お問合せ下さい。

健康的な生活を送るための7つの簡単習慣

2024.01.30 | Category: ストレッチ,パフォーマンスアップ,健康,姿勢,栄養,筋トレ

皆さんこんにちは!
今回の記事では、皆さんが健康的なライフスタイルを維持するための簡単で効果的な習慣をご紹介します。
健康は日々の小さな積み重ねから生まれます。

出来ることを今日から意識して取り組んでみてください!

1. 水分補給を心がける

身体の約60%は水で構成されています。
適切な水分補給はエネルギーレベルを維持し、体の機能を正常に保つのに役立ちます。
コーヒーやアルコールではなく、清潔な水やハーブティーを選ぶことが重要です。
目安として、1日に約2リットルの水を飲むようにしましょう。

2. バランスの取れた食事を

健康的な食事は、エネルギーと必要な栄養素を供給します。
野菜、果物、全粒穀物、良質なタンパク質をバランスよく摂取しましょう。
加工食品や砂糖の多い食品は避けることが望ましいです。

3. 定期的な運動

身体活動は心臓病、糖尿病、うつ病などのリスクを減らし、全体的な体調を改善します。
週に少なくとも150分の中強度運動を目指し、日常生活に組み込むよう努めましょう。
ウォーキング、ジョギング、スイミング、または軽いウェイトトレーニングを取り入れましょう。

4. 十分な睡眠を取る

質の良い睡眠は、身体の回復、記憶の整理、ストレスの軽減に役立ちます。
寝室を快適な環境に保ち、就寝前のスクリーンタイムを避けることが重要です。
夜間の7~8時間の睡眠を目指し、一定の睡眠スケジュールを守れるようにしましょう。

5. ストレスを管理する

ストレスは避けられないものですが健康に悪影響を与えるため、リラクゼーション技術を身につけることが重要です。
瞑想、深呼吸、ヨガなどは、ストレスレベルを下げ、心の平穏をもたらします。。

6. 正しい姿勢を保つ

長時間の座位や不適切な姿勢は体に負担をかけるため、背筋を伸ばし、肩をリラックスさせることが重要です。
座っている時も立っている時も姿勢に注意し、定期的なストレッチや姿勢改善エクササイズを取り入れましょう。

7. 社会的なつながりを大切に

人とのつながりは精神的健康を促進するだけでなく、孤独感を減少させ、生活に喜びと充実感をもたらします。
社会的サポートはストレスの緩和、抑うつ感情の低減、さらには長寿にも寄与することが研究で示されています。
友人や家族との時間を大切にし、社会的なつながりを維持しましょう。

まとめ

これらの習慣は、日々の生活の中で少しずつ実践することが可能です。
習慣化することで、健康的なライフスタイルを長期的に維持することができます。
覚えておいてほしいのは、小さな変化が積み重なって大きな差を生むということです。
自分のペースで、健康的な生活への一歩を踏み出しましょう。